MENU

EXキーパーの評判・口コミは?本当のことをお伝えします

2020年2月より販売が開始された「EXキーパー」コーティング。”EX一級技術資格者”のみが施工できるメニューで、現在では全国のKeePer LABO、KeePer PRO SHOPで施工ができるようになっています。

新車を超えるツヤ、「過剰(EXCESS)」と呼ぶほど圧倒的なツヤをを求めて、施工台数も増えているようです。

一方で

・SNSやYouTubeでは、高評価しか見ない気がするけど、、EXキーパーって本当に評判よいの?
・EXキーパーって結局良いの?

等と非常に高額商品であるがゆえに、疑問に思っている方も多くいらっしゃるかと思います。

そこで本記事では、EXキーパーの内容や特徴、おすすめできる製品なのか紹介します。

EXキーパーの真相にせまります。

目次

EXキーパーコーティングとは?

EXキーパーの評判・口コミ

著名なYouTuberに出演頂いた高評価(広告?)、SNSの口コミを見る限り、まだ施工開始間もないこともあり良い評判がほとんどですね。

超サラサラでタオルが滑り落ちる程の手触り。新次元のコーティングです。撥水を阻害する皮膜(ミネラル汚れ)が乗りにくいので、ダイヤモンドキーパーシリーズよりも撥水が長持ちします。

みんカラ

触り心地もツヤツヤで、汚れが固着しなさそうな雰囲気です。今後、艶がどれだけ維持できるのか、洗車がし易くなるのか楽しみです。

みんカラ

一方で中には下記のようなものも散見されます。

水シミもあったので軽研磨の対象となりました。しかし頑固な水シミが一部残ったまま、その上にコーティングされてしまいました。軽研磨に期待しすぎたのはあるかもしれませんが、あと少し頑張ってくれたらと思わずにはいられませんでした。

みんカラ

従来のキーパーコーティングでは研磨なく施工できるのが特徴でしたが、「EXキーパー」に関しては、新車以外に施工する場合基本研磨が必要になります。

研磨作業はコーティングに適した塗装状態にすることが目的ですが、塗装の状態に合わせて、バフやポリッシャー、研磨剤といった施工部材の組み合わせを調整する必要があります。その微妙な調整によって出来が決まるので、半端な知識では研磨はできないです。

施工者はその知識、経験が足りていなかったのかもしれません。

EXキーパーの特徴

圧倒的な厚みをもつコーティング被膜で新車を超える艶を実現

EXキーパーは、ダブルダイヤモンドキーパーより厚みがあり、2ミクロンほどの厚みがあります。2層構造になっており、独自開発したトップコートの「VP326」という被膜が圧倒的な厚みを実現しているようです。新車を超えるツヤで、触り心地もサラッとしており、置いたタオルが落ちてしまうほどです。

驚くほど強力な撥水力

EXキーパーの特徴は、ツヤだけでなく、圧倒的な撥水力にもあります。ホコリなどの汚れも水と一緒にはじくため、通常の雨程度であれば、まるで洗車したかのように車が綺麗になります。

水シミ水アカが付きにくい構造

従来のガラスコーティングでは、水などに含まれるミネラルと同様に無機質のため、ミネラルが固着しやすく、イオンデポジットやウォータースポットなどの水シミがつきやすという課題がありました。EXキーパーの「VP326」被膜は、有機質のため、ミネラルは固着しにくく、水シミや水垢が付きにくい構造になっています。

EXキーパーの価格

スクロールできます
クリスタルキーパーダイヤモンドキーパWダイヤモンドキーパーEXキーパーEXキーパー(軽研磨価格)EXキーパー(鏡面研磨価格)
SSサイズ16,600円47,500円68,800円108,100円8,600円41,900円
Sサイズ18,600円52,500円76,100円117,900円9,500円46,100円
Mサイズ20,800円57,500円83,400円128,500円10,300円50,300円
Lサイズ22,800円61,300円88,800円143,000円10,900円53,500円
LLサイズ27,000円67,500円98,000円152,600円12,000円59,700円
XLサイズ31,300円86,400円125,100円166,300円別途見積もり別途見積もり
耐久性(ノーメンテの場合)1年間3年間3年間3年間3年間3年間
耐久性(メンテ有)5年間
(1年1回のメンテ)
5年間
(1年1回のメンテ)
6年間
(1年1回のメンテ)

EXキーパーはキーパーの中で最上位のコーテイングメニューのため、一番高価になっています。

注目ポイントは、耐久性の部分ですね。実はノーメンテだとダイヤモンドもEXキーパーも同じです。水シミ水垢が付きにくいというメリットはありつつも、トップコートである「VP326」はそれほど耐久性がないということです。こちらの理由は、デメリット部分で説明します。

EXキーパーのメリット・デメリット

メリット

全国に店舗があり安心できる

キーパーラボは全国に84店舗、キーパープロショップは5,951店舗(2020年12月現在)と全国規模で展開しており、年々店舗数も増えております。様々な場所で同じメニューを施工できメンテナンスを受けれることは、安心ですね。

洗車ができる

EXキーパーというよりキーパーのメリットですが、コーティングだけでなく車が汚れたら洗車もお願いできるので、利便性に優れているかと思います。

デメリット

有機質の被膜だからこそ、持ちが悪い(=メンテが必要)

トップコートである「VP326」は有機質であるがゆえに、メリットデメリットあります。

そもそも物の性質として同じ性質同士を引き寄せ、正反対のものは反発するという性質があります。

そのため、有機質でできている「VP326」は、無機質である水のミネラルなどは引きせることはないので、水シミ水垢が固着しにくいというメリットがあるのです。

一方で有機質のコーティングは、下記デメリットがあるため、定期的なメンテをしない限り、持ちが悪くなります。EXキーパーは、確かに水シミ水垢には強いと思いますが、維持するには定期的なメンテ(=VP326の再施工)がないと物理的に持ちにくい構造だと考えられます。

・有機質である排気ガスや埃など油汚れが固着しやすい                           ・熱や紫外線、酸性雨などに弱い                                                                  ・耐薬品性が低い

キーパーの構造的問題

ポリマーコーティングであるピュアキーパーや、クリスタルキーパーであれば下地処理が必要なかったのですが、EXキーパーに関しては場合によっては下地処理が必要なり、磨き作業を伴うことがあります。

そのため、EXキーパー液剤自体の良し悪しの前に、下地処理が必要とされるコーティングとなると、キーパー自体の構造的な問題があるかと考えられます。

人材

キーパーの人材育成は、検定制度が有名かと思います。EXキーパーも”EX一級技術資格者”のみが施工できるようになっていますね。

良くも悪くもいかに短時間で成果を出すか効率が求められる世界であり、作業もすべてマニュアル通りに施工されることが求められます(私も検定に参加してますし、実際に社員からお話を伺ったこともあります、、)。本当はもっと時間をかけてお客様の車を入念に一台一台施工したい、と思いの社員さんもいらっしゃると聞きます。

下地処理が必要のない簡易なコーティングであれば良いのですが、塗装の状態を見極めて下地処理を伴うコーティングとなると、マニュアル通りにはいかないこともありますし、時間がかかることもあります。

そうなると、マニュアル作業通り実施できれば資格が取れて施工資格を保持できる業務設計は、本当にコーティング効果を求めるお客様からするとリスクでしかありません。何せ経験のない塗装状態に当たった時に、どのような対応をすればよいのかがわからないからです。施工はできたとしても仕上がりは、、、どうでしょうか。

施工に向かない施工環境

施工環境がなぜ重要なのかを説明した表は下記のとおりです。

スクロールできます
必要な設備完全密閉された施工環境充実した照明設備
理由①吹き曝しの環境では、ポリッシャーと塗装面の間に粉塵が飛んで巻き込んでしまい、レコード盤のような傷が塗装に残るリスクがあるため、密閉空間が重要

②密閉空間でないと温度湿度コントロールができず、ムラや硬化に問題が生じる可能性あり。温度が高いと、コーティングの硬化がはやく、拭ききれなかったり、拭きムラがでてしまったり、また急いで拭いたために塗装面に傷が残ってしまったりリスクがあります。一方で温度が低い中で施工となると、乾燥せずコーティング硬化が遅れてしまいます。
明設備が整っていない中でコーティング施工となると、下地の傷が見えなかったり、ムラなどに気づかず、中途半端な仕上がりとなってしまう可能性あります。

キーパーの施工環境は、直営店であるキーパーラボと、ガソリンスタンド併設型のキーパープロショップの2つに分かれます。2020年4月以降、”EX一級技術資格者”であれば施工できるため、キーパーラボでもプロショップでも施工できる状態になっています。

ラボは、密閉環境で施工環境が整っていることが多いのですが、ガソリンスタンド併設型のプロショップは、密閉環境でなく温度湿度のコントロールができないことや、傷やムラを見極める照明器具が整っていないことが多いです。

このような施工環境では、中途半端な仕上がりになってしまいます。

EXキーパーはおすすめできる?

以上、キーパーの最上位コーティングである、EXキーパーの内容、評判について説明してきました。

自身の結論としては、EXキーパーはやらないほうがよいと思います。

キーパーで施工するのであれば高単価である必要はなく、クリスタルキーパーでメンテや洗車をしていくことが良いかと思います。

・EXキーパーは有機質の被膜であるがゆえに、持ちが悪い。                                  ・キーパーは密閉環境や照明など施工環境が不十分。                            ・下地処理は車の車種、洗車頻度、駐車環境、走行距離などによって1台1台違うもの。一方でキーパーの育成制度は、時間以内、マニュアル通りにできることが重視されており本来の作業内容にはそぐわない育成環境になってしまっている。経験のない作業員が増えてしまう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる